【PR】当ブログはプロモーション広告を利用しています。

カカオキャットはまずいのは本当?リンツに似ているという噂も

食事

雑誌やSNSで話題の可愛いチョコレート『カカオキャット』

キュートでおしゃれなニャンコの缶の中にひとくちサイズのショコラが詰まっていて、いろいろなフレーバーが楽しめるのが人気です。

この記事では「『カカオキャット』がまずいというのは本当?」について調べました。

また「リンツに似てる?」という口コミも紹介しています。

参考になったら嬉しいです♪
(※2023年11月時点の情報です)

カカオキャットはまずいのは本当?

カカオキャットは、ちょっとしたギフト用やバレンタインの時期に大人気のチョコレート。

缶のパッケージやサイズ感、味のラインナップなど、とっても美味しそうに見えるのですが、まずいと言われるのは本当なのでしょうか?

コクがない・脂っぽい

SNSのごく一部の口コミでは、
「可愛いけどぶっちゃけまずい…」
「うまみ・コクがない」
「軽いのに味のクセが強い」

という口コミがありました。

でも全体からするとわずかな数なので、「美味しくない・まずいと感じる人も一部いる」ぐらいと言えそうです。

カカオキャットはさまざまな猫がプリントされた可愛い缶に入っていて、猫好きさんにはもちろん、チョコ好きさんにも人気のとても可愛らしいスイーツ。

一方で、女性好みで”映え”優先に作られているともいえます。

「猫人気に便乗しているだけで、味はいまいちなのでは?」「味より見た目優先かも?」と思われてしまうのかもしれないですね。

味は微妙~まずくはないけど普通という意見も

「カカオキャットが美味しくない」という口コミはほとんど見当たりませんでしたが、「見た目は可愛いけど味は微妙…」という辛口な意見が少しありました。

また、「まずいというわけじゃないけど、普通」という冷静な意見も。

味については、個人の好みが影響してしまうこともありますよね。

どんなに美味しいスイーツでも、自分好みの味でなければ、「いまいち」と言われてしまう可能性もあります。

そのほかにも、カカオキャットは「値段のわりには普通」「高いのに味はそこそこ」という口コミもありました。

カカオキャットの値段は個数やパッケージによって変わりますが、6個入りが1,080円、8個入り1,458円、14個入り2,484円と、ちょっと高めの価格帯です。
(シーズンごとに限定缶が販売されるなど、缶の値段が入っているからかもしれません)

値段が高くても満足感を感じられる味なら、あまり口コミには書かれないかもしれませんが、カカオキャットはSNSなどで話題になることが多いので、味に対する期待値がものすごく上がってしまっている可能性があります。

カカオキャットを食べたあと、「言われるほど美味しくなかった」「缶の見た目だけのチョコかも…」となってしまった人は、事前の情報でハードルが上がってしまっていたのかもしれませんね。

とはいえ、「カカオキャットは普通に美味しい!」という声もあります。

次の項目で紹介しますね♪

カカオキャットは美味しい!という声

カカオキャットを実際に食べた人からは、「可愛くて美味しい!」という口コミがたくさん上がっています。

チョコにニャンコの爪の跡がついているのも可愛いですよねw

「カカオキャット まずい」という検索結果はありますが、食べてみたら美味しいという人がほとんどのようです。

猫の可愛い見た目だけじゃなく、ちゃんと質も良いチョコレートなんですね♪

カカオキャットはリンツに似てる?

カカオキャットがよく似ていると言われるのが、リンツ(Lindt)のリンドール。

リンツはスイスに本社を置く、創業175年の老舗スイーツブランドです。

チョコレート好きに限らなくても、リンツの名前を知っている人は多いのではないでしょうか?

「リンドール」はリンツの代表的なチョコレートでロングセラーの人気商品。

カカオキャットがリンドールに似ているのは本当なのでしょうか?

確かに似てるという声

「カカオキャットのチョコは量り売りなので、そこがリンドールと似てる」
「カカオキャット、リンドールにそっくりだったから、一瞬見間違えたw」

など、見た目や販売のしかたがリンドールにそっくりという口コミがありました。

カカオキャットもリンドールも、店頭で好きな味を好きな数だけ買うことができます。

外国のお菓子屋さんのように、量り売りしてくれるのがポイント。

好きな味だけをたくさん買ったり、いろいろな味を選んだりと、気分によって変えられるのがいいですよね。

毎日のおやつ用や、ちょっとしたギフトなど、量を自分で決められるので、さまざまな用途に使うことができます。

あげて楽しい、もらって嬉しいチョコレートといえそうです。

サイズ感がリンツに似てる

カカオキャットとリンドールのサイズが同じくらいという口コミがありました。

カカオキャットは約12g、リンドールは1粒約12.5gです。

一粒ずつキャンディーのように包んであり、サイズ感はどちらもよく似ているみたいです。

ちなみに値段も、カカオキャットは8~9粒(およそ100g)で950円ぐらい(缶なし)。

リンドールは8~9粒(およそ100g)で880円ぐらい。

値段もほぼ同じくらいなんですね。

どちらも缶やギフトボックスなどをつけると値段が上がってしまいます。

カカオキャットとリンドールの違い

チョコ好きさんが、カカオキャットとリンドールを食べ比べたという口コミもありました。

サイズ感は似ている両者ですが、味にははっきりと違いがあるみたいです。

カカオキャット

・カカオ感はほどほど
・フィリング(中のトロッとしたチョコ)の量は控えめ。
・フィリングが硬めで、一粒で食べ応えがある
・フレーバーの違いは少な目。甘さには違いがある

リンドール

・カカオ感が強い
・フィリングがトロッとしててなめらか。
・外国のお菓子らしい強烈な甘さ。
・各フレーバーの違いがよく分かる

味の感じ方は好みで分かれますが、カカオキャットはあっさり、リンドールはしっかりとしたチョコレート感を味わえそうです。

カカオキャットはリンドールと同じくらい美味しい

サイズ感は似ていますが、味はそこまで似ていないカカオキャットとリンドール。

でも「リンドールと同じくらい美味しい!」という口コミがありました。

またカカオキャットのフレーバーはなんと30種類!

カカオキャットは定番のミルクやビターから、個性的なフルーツフレーバーなど、いろいろな味が楽しめます。

包み紙をほどくと、ニャンコの爪あとがついているのも可愛いポイント。

「カカオキャットのチョコレート、リンツに似てて美味しい♡」「チョコレートに猫の爪あとがあって可愛い♡」と人気です。

両方を食べ比べた人からは、「カカオキャットの方が好み」「リンツの方が好き」と、それぞれの違いを感じている口コミがありました。

お気に入りのチョコレートができると嬉しいですよね♪

カカオキャットはコレクションしたくなるような可愛い猫缶も楽しみのひとつ。

チョコだけでなく、食べ終わった後の缶に何を入れようかな?と考えるのもワクワクしますよね。

カカオキャットは現在公式オンラインショップや楽天市場、ヤフーショッピング、アマゾンなどで購入することができます。

また各地に店舗があるので、近くの人はぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

『カカオキャット』は、お土産としても人気な雑誌やSNSで話題の可愛いチョコレート。

一部ではカカオキャットはまずいという声があるが、理由はコクがない・脂っぽい・味は微妙~まずくはないけど普通という意見もある。

全体からするとわずかな数なので、「美味しくない・まずいと感じる人も一部いる」という感じ。

カカオキャットは美味しい!という声のほうが多い。

カカオキャットはリンツに似てるという声もある。

食事
スポンサーリンク
ayumu01をフォローする
美味しい時間を幸せに!
タイトルとURLをコピーしました