レディーボーデンミニカップ・プレミアムミルクの値段は?おすすめアレンジレシピについても

スイーツ

ニューヨーク生まれのアイスクリームの定番商品、レディーボーデンは日本で製造・販売を開始してから今年でなんと50周年になります。

それを記念した特別なアイスクリームが、2021年12月13日(月)に発売。

今も変わらないこだわりの原料と製造方法でつくられるレディーボーデンのミニカップ・プレミアムミルク、気になる値段や特徴、おすすめアレンジレシピなども調べてみました!

レディーボーデンミニカップ・プレミアムミルクの値段は?

価格はオープン価格

全国のスーパーなどで2021年12月13日(月)から販売が予定されています。

気になるお値段はオープン価格。

それぞれのお店によって違うようです。

ミニカップの想定小売り価格は160円前後(税抜)とされています。

ライバルであるハーゲンダッツのミニカップはおよそ295円前後(税抜)なので、かなりお得な値段設定ですね。

ちなみにミニカップシリーズの容量は120ml。

カロリーはバニラ味1個の場合、182kcal。

たんぱく質:2.8g、脂質:11.3g、炭水化物:17.4g、食塩相当量:0.1gです。

国産乳原料を100%使用した、リッチなミルクの味わいが特徴のプレミアムミルク。

日本に上陸してから50周年という記念の年に、レディーボーデンの味をもっと多くの人に伝えたいという思いから生まれた特別な商品です。

レディーボーデンの味づくりの中でも重要な素材であるミルクにこだわり、できるだけ余計なものは入れず、フレッシュなミルク本来の味を引き出しています。

生乳が30%以上ふんだんに使用されていて、ミルクの濃厚な味わいが楽しめます。

50年間変えることなく守り続けてきたレディーボーデンのアイスクリームだからこそ、この味わいが出せるのかも。

パッケージはいつもの小豆色ではなく、真っ白なホワイトカラー。

”プレミアムミルク”にぴったりな、雪の王冠のようにミルクが広がる画像が特別感を演出していますね。

50周年を記念するロゴには「金のスプーン」がデザインされています。

「食べる人にとって上質で特別な存在でありたい」という創業当初からの思い”FIT FOR A GOLDEN SPOON”(金のスプーンがふさわしい)を形にした特別なロゴだそうです。

さっそく「食べたい!」と楽しみに待っている人もいるようです♪

レディーボーデンプレミアムミルクおすすめアレンジレシピ

レディーボーデンの公式サイトでは、おすすめのアレンジレシピも紹介されています。

LadyBorden|株式会社ロッテ
ふわっと濃い、そう「ふわ濃い」。50周年のレディーボーデンのレシピ。

クリスマスにぴったりなブッシュドノエルやホットエッグノック、ガレットデロワ風のパイ、子どもが喜びそうなトライフルクリスマスパルフェもレディーボーデンのバニラ味を使って簡単に作れるようです。

プレミアムミルク味を使えば、さらにリッチな味のデザートになりそうですね。

寒い冬にあたたかい部屋で食べるミルク味のアイス、最高ですよね♪

”ふわ濃い”というキャッチフレーズのとおり、レディーボーデンのアイスクリームの特徴は、「空気を抱き込んだ、ふわっとなめらかな食感」と「スプーンがすっと入るやわらかさ」「こだわって厳選した上質な素材が生み出す濃厚な味わい」。

ガチガチに固いアイスは食べるのに一苦労ですが、レディボーデンならそんなストレスもありません。

50年間、親子3代にわたって親しまれてきているレディーボーデンのアイスクリーム。

家族といっしょに、またひとりでも自由に楽しめるおうち時間に、レディーボーデンのアイスクリームを食べることでいつもより豊かに過ごせると提案されています。

大切な人とミニカップをいっしょに。

一人の時間なら大きなサイズで幸せを独り占め、という贅沢な食べ方もおすすめのようですよ。

いつかやってみたいですw

まとめ

2021年12月13日(月)に発売されるレディーボーデンミニカップ・プレミアムミルクの値段はオープン価格。

想定小売り価格は160円前後(税抜)とされている。

ライバルであるハーゲンダッツのミニカップはおよそ295円前後(税抜)。

ミニカップシリーズの容量は120ml。

カロリーはバニラ味1個の場合182kcal。

レディーボーデンが日本に上陸してから50周年という記念の年に、この味をもっと多くの人に伝えたいという思いから生まれた特別な商品。

国産乳原料を100%使用したリッチなミルクの味わいが特徴。

冬こそアイスを食べたいアイス党には嬉しい濃厚ミルク味です!

スイーツ
スポンサーリンク
ayumu01をフォローする
美味しい時間を幸せに!
タイトルとURLをコピーしました